eyecatch

オゥランディ15、とうとう最終ステージの『ウィズと<ウィズ>』の攻略です。 
本ステージは正にオゥランディ総決算と言わんばかりの難易度。クイズ力・デッキ力・運、全てを総動員させて挑む必要があります。
15-4のボスについては別記事で既に触れている事もあり、本記事では道中対策を厚めに記載します。 

関連記事

サブクエスト

subquest

本ステージのデッキ縛りは【雷属性のみのデッキでクリア】のみですので、特に問題無いです。
連続正解も全問ではないので割と気が楽ですし、何より助っ人が使えるのが大きいです。

そんな訳で、15-1〜15-3は難易度的にまずまずなレベル。
とにかく15-4の【一体も倒れずにクリア】、これが最後の大きな壁になります。

サブクエスト報酬

15-1 火S+世界樹
マナ・エレメント+30
マナ・エレメント+50
【コンプ】ハイエーテル
15-2 水S+世界樹
マナ・エレメント+30
マナ・エレメント+50
【コンプ】ハイエーテル
15-3 雷S+世界樹
マナ・エレメント+30
マナ・エレメント+50
【コンプ】ハイエーテル
15-4 エーテル
マナ・エレメント+100
ハイエーテル
【コンプ】ハイエーテル
コンプリート報酬 クリスタル5個

本ステージだけでマナ・エレメント+340、ハイエーテル5個の超大盤振る舞い。

挑戦デッキ

15-1〜15-3

deck-1

15-4:初回クリア(再掲)

deck-1

15-4:一体も倒れずにクリア(再掲)

deck-nodeath

15-4は別記事の通りです。一体も倒れずにクリアのデッキはオルネSSになっていますが、実際にクリアしたときはオルネS+です。

15-3までは助っ人にウクレレバロンを呼ぶ事を前提としたデッキです。
道中及びボスで登場する火タービネックスの3,000ダメージブロックが本当に厄介なため、ウクレレ2体に加えてチェインアタッカーのイェルノー、高ステ+エンハンスのザラジュラムまで入れました。
これでも結構ギリギリなのでその面倒さは推して知るべし。

基本的に道中も長い事から長期戦になる訳ですが、パネル変換やら見破りやらを入れる余裕はほぼありません。
パネルブースト&自身のクイズ力で突破していく事になります。 

道中

15-1〜15-3は道中4戦、15-4は道中5戦(共にボス戦含まず)となります。

全色の敵が登場しますが、雷属性デッキの場合はどの色からのダメージも一定になるよう調整されていますので、敵の属性をケアする必要はありません。倒しやすい敵から倒していくのがセオリーになります。

また、初戦のみサーチャーのダメージが低めに設定されていますが、2戦目以降は概ねダメージが倍になります。同じノリで突入すると痛い目を見ますので要注意。

初戦(固定パターン)

douchu-0725

初戦はスキル溜めのお時間ですが、とにかく水・雷をいかに素早く仕留めるかが鍵。
目安としては3ターン目で1体、5ターン目で2体仕留めたい所です。

今回のデッキではフェルチが7ターン目にスペシャルスキル回復を打てるので生存確率が大幅に上がっています。

初動の早いスペシャルスキル回復持ちを一体確保できると初戦の運ゲーをかなりの確率で回避できるかと。 

2戦目以降(以下からランダム出現)

douchu-0901
douchu-0763
douchu-0736

ゴートがいないパターンは開幕遅延で凌ぐ事になります。

3ターンで仕留めきれる自信があればスキルを温存しておくのもアリです。
弱体化も10ターンまでは継続しないと思われますので、序盤の出現であればカーバンクルは後回しでも構いません。

douchu-0899
douchu-0903
ゴートの出現する厄介なパターン。
悩ましい所ですが、HP2,500程度あればゴートの攻撃を耐えきれますので、ゴートを後回しで殴りにいった方が安定すると思います。 
douchu-0807
ここからは場合によって詰みになるパターン。

水カーバンクル×2+火ゴートの場合、水属性弱体化をもらわずに突破するのはほぼ不可能
序盤に出てくれば問題ないですが、15-4でボス直前にこいつらが出てくるとノーデス達成はまず無理です。こればかりは運です。
douchu-0888
また、水ゴート+火タービネックスの場合。
真っ先に水ゴートを処理するとして、火タービネックスのダメージブロック突破はかなり厳しいです。
毎ターン全体1,200ダメージが飛んでくる事も踏まえると、バロン2詰みでもしない限りはほぼ詰みかと。 

以上が道中のパターンとなりますが、最終的には皆さんそれぞれのデッキでの最適解を試行錯誤し、慣れていくしかないかと思います。

敵の行動パターン

15-1〜15-3のボスにカメが出てくる程度で、カエルやらタコやらの変化球は登場しません。
前述の通り、雷デッキの場合は属性によるダメージの変化はありません。 

  • サーチャー(毎ターン行動):3人×4連撃
  • カーバンクル(毎ターン行動):属性弱体化→全体攻撃 
  • ゴート(2ターン毎行動):(先制)スキル反射→単体攻撃
  • タービネックス(毎ターン行動):(先制)ダメージブロック(水5,000、雷4,000、火3,000)→全体攻撃
サーチャー(初戦)
初戦サーチャー
サーチャー(2戦目以降)
道中サーチャー
カーバンクル
カーバンクル
ゴート
ゴート
タービネックス
タービネックス

ボス

15-1:風車の中へ

boss-4

開幕遅延でさっさと両脇を仕留めてしまえばいつもの通り。

15-2:進め、前を向いて

boss-3

にっくき火タービネックス登場。こちらも開幕遅延で両脇からどうぞ。
タービネックスにもたついているともれなく90%軽減を仕掛けられてしまうので要注意。 

15-3:強くなる気配

boss-2

今回は開幕遅延がNGなパターン。
ただ、十分な火力があるなら敢えて自爆覚悟の開幕遅延もアリだとは思います。 

15-4:風を吹かせる者

boss-1
反逆の使徒 ナイトメア
(左)
封豕長蛇 ワレマル
(真ん中)
背理騎士 オフィウクス
(右)
HP 140,000 40,000 140,000
行動ターン 1ターン 3ターン 2ターン
攻撃 【怒り前】
単体1,000
全体500
 【怒り後】
全体3,000
属性特攻(5,000) 単体1,800
スキル 全体回復(5%)
怒り(90%?) 
スキル反射
行動パターン 【怒り前】
単体→全体→回復
【怒り後】
全体攻撃のみ 
攻撃のみ
(先制)スキル
→攻撃(3回)
→スキル

どこをとっても鬼だらけ。

ワレマル比較的脆い&危険なので、まずは3ターンでワレマルを仕留めるのが良いでしょう。

ナイトメアはリュコスのように3通りの行動をローテーションしてきます。
怒りの沸点が非常に低いので、流れ弾にも注意が必要です。怒ったら即遅延をかけないと全滅まっしぐらなので、最後に処理する事になるかと。
 
オフィウクスはノーデスの大きな障害ですが、3回殴った後はスキル反射の貼り直しをしてきます
この行動パターンのお陰でリティカが大活躍、というのは前回記事でも触れました。お持ちの方は是非ご検討を。