eyecatch
ぶっちゃけこういうキャラ、大好きですw

クロム・マグナⅢ 臨海学校、諸々すっ飛ばして最上級の絶海級の攻略です。
今回のダンケルは初回クロム・マグナ開催時を遥かに超えるぶっ壊れ性能での登場となっていますので、是非優先して周回を重ねたい所です。
 

デッキ

初回挑戦デッキ

zetsuumi-deck
名前 覚醒状態
日輪に歌う獣王 バロン・ライオネル 6覚醒
ファストスキル/パネルブースト/雷10%軽減/パネルブースト/攻撃200Up/雷属性攻撃100Up 
天竜帝 セト・バハムート4覚醒
HP100Up/コストダウン/コストダウン/コストダウン 
黒き雷を纏う邪竜 ドグマ0覚醒
雷獣帝の双翼 イリ&ジン 0覚醒
邪龍女皇 イーリン・ファンディ 5覚醒
攻撃力100Up/HP100Up/雷属性HP100Up/ファストスキル/パネルブースト

やはりウクレレバロンさんは偉大でした。

ボスのダンケルの攻撃はかなり重いので、まともに与しようとすると遅延・軽減に加えて回復要員もかなり積まねばならず、結果周回にかかるターンも嵩みがちに。そこでウクレレバロンさんの超絶火力&ボス戦開幕遅延で一気に畳み掛けてしまうという趣旨にしてみた訳です。
ちなみに道中初戦はスキル溜めの余裕があるくらいですので、相互でなくても助っ人でバロンを召喚できれば十分似た形での突破が可能かと思います。

ちなみにここまでお読みになって「いやいやいや」となったそこの貴方。封泉級のボス、トモエを2枚、最悪でも1枚Sが準備できれば十分絶海級を突破することは出来ると思いますので、まずは封泉級を頑張ってみてはいかがでしょうか。
 

道中

絶海級では全体を通じて初期ターン固定の模様。

一戦目

douchu-1

突破に4ターンかかります。

それぞれ毎ターン全体攻撃を仕掛けてきますが、ダメージは250程度。全く問題ありませんのでさっさと抜けます。

二戦目

douchu-2

突破に3ターンかかります。

真ん中のクラゲが水弱体化を打ってきますが、その状態でも左右のストライクボアのダメージが一撃500弱程度。3ターンでさっさと抜けられますので気にせずに突破してしまいます。
尚、ここでは次戦に備えて極力パネル変換スキルを温存したい所。 

三戦目

douchu-3
douchu-3-2

突破に3ターン+スペシャルスキル1発かかります。

毎度おなじみ殺る気満々タイムです。ここまでノーミスならバロンさんのバイキルトが発動しますので、ギリギリ3問正解で抜けられると思います。が、感触的には低乱数を引くと討ち漏らしそうな気がしているため、私はここでセトのスキルを使ってしまうことにしています。これなら100%突破が可能です。
また、パネルが怪しい時は素直にパネル変換スキルを使った方がよいでしょう。

BOSS:ダンケル

boss
boss-2
boss-3
水風のマイヒメクラゲ(左) ダンケル(真ん中) 水風のマイヒメクラゲ(右)
HP 45,000 180,000 ?????
行動ターン ?ターン 2ターン 2ターン
攻撃 ??? 全体1,800(力ため時)
単体2,000×2人(怒り時) 
全体200
スキル 水属性弱体化(3ターン) 怒り雷ガード(??%軽減、3ターン)
行動パターンスキル→攻撃 力溜め→攻撃→?(怒り前)
攻撃のみ(怒り後)
スキル→攻撃

突破に7ターンかかります。

兎に角ダンケルの行動が2ターン毎とかなり早いサイクルであるにも拘らず、打点はかなり高めに設定されています。且つ左右のクラゲが水属性弱体化だの雷ガードだのと厄介なスキルを使ってきますので、少なくとも開幕遅延で左右を落としきれないとかなり辛くなると思われます。

今回のデッキであれば、左右のクラゲは5ターン程度でセト&ドグマが落とし切ってくれますので特に問題はありません。兎に角間違えずに雷パネルを踏み続ける、それだけです。落ち着いていきましょう。


ボス:ダンケルのドロップ率について

dankel

BossCounterによるとドロップ率は毎度おなじみ20%程度と想定されます。
兎に角このダンケル、水版シラヌイとでもいうスキルセットですが、覚醒が優秀すぎるため正直ぶっ壊れの部類だと思います。
私は九段トーナメントで活用したいため、2体フル覚醒(42枚!!!)をかなり真剣に狙いにいこうと思っています。その他四段、七段トーナメントでも十分猛威を振るうと思われますので、絶海級を周回可能な方は全力投球を強くお勧めいたします。