55

『天上岬の調香師 しあわせのラストノート』別離級(ハードモード)、『残していく想い』の攻略です。
光闇ゲーかと思いきや完全に遅延ゲー。

サブクエスト

  • 水属性のみのデッキでクリア
  • 10問連続正解を達成してクリア
  • 一体も倒れずにクリア

再び【一体も倒れずにクリア】が。
とにかく遅延と優秀なアタッカーが準備できるかどうか、に尽きます。

サブクエスト報酬

  • マナ+200
  • マナ+200
  • マナ+200
  • [コンプ] ハイエーテル

こちらも無理にサブクエコンプする必要なし。

攻略デッキ

thumb_IMG_0127_1024

今回のデッキ構築のポイントは、
全般通して遅延が有効!
のろい、回復反転は無理に意識する必要なし!
始動は遅くても良いので高火力アタッカーを準備!
となります。

介護級の分裂に続き、今回はのろいと回復反転という比較的新しいスキルのオンパレード。
回復反転対策の常道は光/闇属性を持っている精霊で固めることですが、今回は回復反転を仕掛けてくる敵の数が少なく、体力もさほど高くないことから火力で押し切る方が筋が良いでしょう。
(※ 回復反転はスキルを打ってきた敵を倒せば効果が切れます。)

また、本ステージはとにかく遅延が生命線となります。
幸いにしてスキル反射はボス戦のみ、かつボスのスキル反射はのろいと対策が容易なので、全体通して遅延が大活躍します。
今回は回転の早いミクと、2T遅延できるチェルシーを採用しました。

なお、ボス戦ではこのデッキでも回復量がやや不安なため、SPスキルで回復できるアタッカーが1体いると安心です。
今回はイツキ&アーシアを採用しました。

最後のアタッカー枠はザ・セブンを起用しましたが、火力の出る特攻以外のアタッカーならなんでもOKかと。
ただし長期戦になってくるので、変換アタッカーの方が安心はできると思います。

道中

1戦目

1st

左: [火][妖精]スカーレットオーグアイビー (1T毎行動)
  3体攻撃(300)×5連撃
  全体攻撃(750)
右: [火][妖精]スカーレットオーグアイビー (1T毎行動)
  全体攻撃(800)

私は左→右で対処しました。

初戦はチェイン&スキル溜めの場。
早々に1体倒してしまい、空踏み等でスキルを調整しましょう。
ここで6T溜めておければ楽になります。

2戦目

2nd

左: [水][妖精]シアンオーグアイビー (1T毎行動)
  のろい(-1,000 / 2T)
  全体攻撃(750)
右: [火][妖精]スカーレットオーグアイビー (1T毎行動)
  全体毒(1,000 / 2T)
  全体攻撃(750)

35

私は開幕遅延の後、右→左で対処しました。

左右とも状態異常系の攻撃を仕掛けてきますが、初戦で6チェイン積めていれば開幕2T遅延で相手の攻撃を受けずに突破が可能。
万一パネルが切れることを考えるならば、毒よりものろいの方が対処しやすいと思います。

実際は3戦目も開幕遅延をかけるのでどちらでも良いのですが。

3戦目


3rd

左: [火][妖精]スカーレットオーグアイビー (1T毎行動)
  3体攻撃(300)×5連撃
  全体攻撃(800)
中: [雷][妖精]トパーズオーグアイビー (1T毎行動)
  [先] 回復反転(50%)
  全体攻撃(800)
右: [火][妖精]スカーレットオーグアイビー (1T毎行動)
  全体攻撃(800)
  3体攻撃(300)×5連撃

08

私は開幕遅延の後、中→左→右で対処しました。

初っ端の回復反転が非常に嫌らしい3戦目。
その後の攻撃も全て受けていると到底耐えきれないので、ここでも開幕遅延を仕掛けます。

今回のデッキであれば真ん中を1Tで倒せるとは思いますが、仮に2Tかかっても問題はありません。
真ん中さえ遅延中に倒してしまえば後は消化試合なので、早々に抜けてしまいましょう。

ボス戦

ボス:エリーク

boss

左: [雷][妖精]トパーズオーグアイビー (1T毎行動)
  回復反転(50%)
  全体攻撃(700)
中: [火][戦士]エリーク (1T毎行動 / 怒:残り1体)
  [先] スキル反射(のろい(-3,000))
  3体攻撃(300)×5連撃
  [怒り時] のろい(-1,000)
  [怒] 全体毒(1,000 / 2T)
  [怒] 全体攻撃(600)×5連撃
右: [水][妖精]シアンオーグアイビー (1T毎行動)
  のろい(-1,000 / 2T)
  全体攻撃(800)

私は左→右→中で対処しました。

22
38
03
10

ボス戦はとにかく左の回復反転をもらいたくないため、真っ先に左を2Tで仕留めます
今回のデッキであれば火力は十分なはずです。

その後はのろいを受けつつ真ん中を削っていきます。
途中で中の連撃と右のオーグアイビーの攻撃が重なりますが、一回は普通に耐え切れるはずなのでSPスキル回復などを使いつつギリギリまで削っていきます。

途中で体力が厳しくなってくる頃にはボスの体力もかなり削れているはずなので、危なくなったタイミングで遅延を仕掛けます。
ここから2Tは右を殴り、確実に怒り中に真ん中を怒らせます
これによってスキル反射でもらったのろい(-3,000)が怒り時ののろい(-1,000)で上書きされるので体力に余裕ができます。

怒った直後の行動は毒のため、1T絶えることは容易。
その後の連撃をもらうとさすがに耐えきれないため、ここで勝負をつけましょう。