toukoden-syurakyu-eyecatch-2

本日12時過ぎに唐突に発表された、イベント消費魔力半減のお知らせ。皆様どう受け止められたでしょうか?
賛否両論あるかとは思いますが、開催されてしまったものはどうしようもありませんので、頑張ってボスを回収してしまいたい所です。しかし次回以降のイベントはどうするのかなぁ…。

と、いうことで例によって相当遅くなりましたが桃娘伝 修羅級の攻略記事になります。
今更ですが少しでも皆様の参考になれば幸いです。

桃娘伝に関するその他の記事はこちらから。

挑戦デッキ

パターン1:超絶安定デッキ

toukoden-fuukikyu-deck-1

赤の霊界道士 フー・シャオラン:Lv.70
極みカレー 猫姫シャナ・イリア:Lv.60
極みカレー 猫姫シャナ・イリア:Lv.60
極みカレー 猫姫シャナ・イリア:Lv.60
極みカレー 猫姫シャナ・イリア:Lv.60

封鬼級ボスのムドーは雷属性です。
ムドーは火属性の精霊に対して全体に1,000ダメージ前後の攻撃を行ってくるため、水属性は勿論、雷属性の精霊でもほぼ一撃で沈められてしまいます。
道中では各色の敵が満遍なく出現しますが、ボス戦の事を考慮すると赤単色デッキしか選択肢が無さそうです。
とは言え、雷に対して有利な火属性をもってしても2ターンで1,000ダメージを延々回復し続けるのは並大抵の事ではありません。2ターン連続で誤答してしまえばほぼ全滅、カーミルレベルでは1問のミスですら命取りです。以前の龍王も全体1,000ダメージ強でしたが、彼は3ターン毎の攻撃でした。明らかに難易度が向上しています。

こういった攻撃サイクルが短い敵に対して効果を発揮するのが遅延スキルです。以前のクロム・マグナ学園祭のジョージの時にイレーナやチヒロが持て囃されましたが、今回のキーカードはずばりシャナです

シャナは回復のアンサースキルと遅延のスペシャルスキルを兼ね備えた強力なサポーターです。HPについてもカーミルより上です。
更にここで重要なのは、遅延スキルの発動ターンが10ターンである事。今回のボスは2ターン毎の攻撃になりますので、遅延スキルを使えば4ターン毎の攻撃となります。つまり、シャナが最低3体いれば延々遅延スキルをかけ続けられる事になりますので、実質ボスの攻撃は4ターン毎に全体1,000ダメージとなり、シャナの回復量でも十分耐えきれることになります。
シャナは前々回魔道杯のデイリー10,000位以内報酬でしたが、こうあからさまに新規追加精霊が絶対的優位を生むようなパワーバランスもそれはそれでどうかと思いますね…。(最近のクリスタルガチャも顕著にその方針のようですが。)

とまぁつらつら書きましたが、私はまずありったけのシャナを積んで挑んでみました。これであればほぼリタイアする事はありません。
一方で、クリアするにはかなりのターン数(概ね40ターン以上)かかってしまいますので、周回を繰り返す場合にはかなりの根性が必要となるでしょう。堪え性のない私は耐えきれなくなったため、次のデッキにシフトしました。

パターン2:高速ギリギリデッキ

toukoden-syurakyu-deck-2

赤の霊界道士 フー・シャオラン:Lv.70
覇剣の皇姫 アルティーナ:Lv.70
極みカレー 猫姫シャナ・イリア:Lv.60
極みカレー 猫姫シャナ・イリア:Lv.60
極みカレー 猫姫シャナ・イリア:Lv.60

ボス突破の高速化を図るため、前回魔道杯で確保したアルティーナを投入しました。アルティーナはスペシャルスキルが20%削りのため、彼女のスペシャルスキルだけで60,000〜70,000程度のHPを削ってくれます。ターンに換算すると10ターン程度の削減に貢献してくれますので、効果は抜群です!

ただし、このデッキの場合は1問正解時の体力回復量が24%、シャナの体力では350弱の回復量となりますので、ボスの攻撃してくる4ターンの間に3回赤パネルの正解を続ける必要があります。正確にはボスが2回攻撃してくる8ターンの間に最低5回(4ターンで2回+4ターンで3回のサイクル)が必要です。それなりのパネル運および回答力が要求されますので、似たような構成のデッキを検討されている方はご注意ください。

toukoden-fuukikyu-boss-2

道中

toukoden-fuukikyu-douchu-1
toukoden-fuukikyu-douchu-2
toukoden-fuukikyu-douchu-3
toukoden-fuukikyu-douchu-4

例によって道中は4戦で出現順も含めて固定です。
今回の封鬼級の道中は赤単色デッキでも十分突破できる程度ではあるものの、それぞれ体力が5,000程度あり長期戦化する傾向にあります。特に青鎧3体が出現する4戦目では、突破に5〜6ターンかかってしまいます。
敵からのダメージも、単体攻撃とは言え一撃500程度のダメージが毎ターン飛んできますのでかなりの脅威です。序盤でパネル事故が起こってしまうとあっさり落とされかねないので、パネル変換や遅延など、スペシャルスキルの出し惜しみはせずに攻めていった方が良さそうです。

また、それ以外にも第二戦に出てくる青武者、第三戦に出てくる青魔道書については優先して倒しにいった方が良いかと思います。パネルが途絶えたときに耐えられるターン数が大分変わります。

ムドー戦について

toukoden-fuuki-boss-3

ボスのムドーですが、HPは201,140、攻撃は前述の通り火属性の単体に対して2ターン毎1,000ダメージ前後となります。 とにかく今回のボスはサイクルの早い全体攻撃をしかけてきますので逃げ道はありません。とにかく誤答をしないよう、慎重に問題に取り組んでいきましょう。
また、HPが満タンの時に敢えて三色パネルや赤以外のパネルを踏みにいくというのもパネル事故回避のためには重要な戦略です。いずれにせよ長期戦は避けられませんので、いかにしてボスの攻撃を耐え忍ぶかという事を常に考えながらパネル選択を行っていきたい所です。 

報酬:阿修羅 ムドー

toukoden-fuuki-housyu

ボスのムドーですが、今回も初回クリアでプレゼント、その後の進化はボスドロップという流れです。
ムドーは連続正解で攻撃力アップという、比較的新しいスキルの持ち主です。素のステータスの高さも相俟って、特攻スキル持ちを保持していない方にとってはトーナメント6段で大きな存在感を発揮してくれそうです。 
A+以上(三段階進化)ではアンサースキルが10連続正解時の発動となりますが、A(二段階進化)までは7連続正解時の発動となりますので、A(二段階目)とS(最終進化)を揃えておけると戦略のバリエーションが広がりそうです。