sangokushi-jyoukyu-eyecatch

超絶今更感の漂う攻略記事ですが、最早イベントの記録のために記事をアップしたいと思います。
クリスマスイベント、こんな早く来るなんて聞いてないよ…orz
BossCounterの方ではクリスマスイベントの上級/封魔級?の結果を登録できるようにしてありますので、是非ご利用くださいませ。 

蒼の三国志 コラボダンジョンに関するその他の記事はこちらから。

挑戦デッキ

sankgokushi-tenkakyu-deck

天下級では道中が雷と水の混合、ボス戦でもメインの関羽が水、お供が雷属性と言う顔ぶれです。
関羽の3人×4連撃が何だかんだ厳しいので、黄単色デッキが推奨かと思います。
最初はシオミとムドーの代わりにイーライ×2を積み、回復5の超絶ゾンビデッキとしていたのですが、余りにクリアターンが嵩んでしまったので現在のデッキに落ち着いています。
感触としては、遅延がない場合回復4は欲しい所かと思います。回復3の場合はかなりギリギリ、回復2の場合は関羽の攻撃に回復が追いつかなくなります…。

道中

sangokushi-tenkakyu-douchu-1
sangokushi-tenkakyu-douchu-2
sangokushi-tenkakyu-douchu-3
sangokushi-tenkakyu-douchu-4

前述の通り、道中は水属性&雷属性が中心で、たまに魔道書3色がセットで出てきます。魔道書は毎ターン攻撃のため鬱陶しいですが、その為に他色を混ぜるほどの注意は必要ないと思います。
どの敵も雷単色デッキであれば1ターン〜2ターンで倒していける程度の体力ですが、基本的に攻撃力は高めの設定になっており、雷属性の敵からは概ね1撃1,000程度のダメージを受けます。うっかりパネル切れや誤答を繰り返しているとあっさり落とされてしまう事も往々にしてありますので、パネル変換スキルもためらわずに使って抜けていきましょう。

軍神・関羽、その実力とは。

sangokushi-tenkakyu-boss-1
sangokushi-tenkakyu-boss-2
sangokushi-tenkakyu-boss-3

最上級ではこれまでの張飛ではなく、軍神と名高い関羽のお出迎えです。

先に述べた通り、関羽の攻撃自体も十分苛烈なのですが、厄介なのはとにかくお供の2人。特に右の奴です。
お供は二人ともスキル持ちで、左は3ターン毎回復、右は2ターン毎にキャラ封印(2人、2ターン)と攻撃を繰り返してきます。左は回復しかしないので放っておいても良いのは良い…のですが、右の奴がひたすら厄介。キャラ封印は攻撃もスキルも全く使えなくなる上、攻撃も単体1,000ダメージ程度をはたいてきます。3ターン毎の関羽の攻撃と攻撃ターンが重なると、運が悪ければ一気に2,000ダメージ程度受ける事になってしまいます。

ここでターゲティングの議論になるのですが、Sムドーをお持ちの方であれば左(回復キャラ)から落としにいく事を推奨します。Sムドーがおり、アンサースキル発動可能になっているのであればスペシャルスキルとあわせて2ターンで左の敵を落とす事ができます。つまり、ほぼキャラ封印を受ける前に倒しきる事が可能になりますので、長期戦を避ける=運悪く関羽と右キャラのコンボで落とされるリスクを軽減する、という意味でもその方が安定するかと。
Sムドーを持ってしても右の敵を倒しきるには最速でも6〜7ターンかかりますし、その間にキャラ封印だの回復だのを挟んでしまうと更にターンが嵩んでしまうと考えると、まずは左から行く方が良いのでは、というのが所感です。ただし、皆さんのデッキ事情などにもよるとは思いますので、自分なりのパターンを見つけていただければと思います。

尚、私が最初に挑んだ時はただでさえ攻撃力不足な所に右から狙いにいったり途中でイーライが落ちたりと散々な状況だったため、ボス戦だけで63ターンかかるという体たらくでした…。現在のデッキと戦略では、概ね道中を通じて30〜40ターン程度で消化できています。ご参考まで。

天下争覇級でのドロップ状況について

kannu-full

BossCounterの状況によると、天下争覇級でのボスドロップ率は5%〜6%程度に落ち着いています。15回、30回で固定報酬ありとは言え、かなり絞ってきていますね…。このドロップ率だと、30回潜っても1回もドロップしない確率が10%を越えているかと思いますので、頑張って回りましょう…。

尚、ご覧の通りステータスは初期からかなり高め、コストも同じくかなりお高めの設定です。アンサースキルの補正倍率も通常のスキルより高く設定されているとの話もあるようですし、できればちゃんと確保したい所ですが、2枚目、3枚目のSを狙いにいくほどかと言うとそうでもなさそうです。主にコスト的な意味で。