ryutei-eyecatch

さて、神竜降臨イベントの攻略記事も最後になりました、竜帝級の攻略となります。
最近のイベントのレベルやガチャ精霊のインフレを見ているとかなり不安がありましたが、無事クリアする事ができましたので、皆様のご参考になればと思います。

神竜降臨!に関するその他の記事はこちらから。

挑戦デッキ

パターン1

toukoden-fuukikyu-deck-1

パターン2

toukoden-syurakyu-deck-2

以前の桃娘伝と同じパターンですね。火属性単色デッキですが、最初は安全を兼ねてシャナ4積みとしていました…が、どちらかと言うと脇のお供をさっさと倒す方が重要だろうと判断し、途中からパターン2のアルティーナを入れたデッキとしています。とは言え、あまり変わらないような気もしています^^;詳細はBOSSの項にて。

道中

ryutei-douchu-1
ryutei-douchu-2
ryutei-douchu-3
ryutei-douchu-4

助っ人がきたりして色々入り交じっていますがお気になさらず…。キリヒメ強すぎっ!!

道中は4戦、順番は固定でなく出現パターンもランダムです。
まぁありがちな所ですが、鬼門は初戦です。そしてとにかく火竜の攻撃がヤバい!2ターン毎に単体1,000ダメージ(火属性に対して)を与えてくるため、下手をすると開幕ターンで1人落ちます。これはもうどうしようもないですね╮(•́ω•̀)╭
基本的にはこのデッキだと火竜は2ターン、水竜は3ターン程度で落とせます。何故か水竜よりも火竜の方が受けるダメージが大きく設定されていますので、とにかく火竜を倒しに行くのが良いでしょう。また、お持ちであれば遅延スキルや変換スキルも積極的に使っていくのが良いかと思います。

ただし、注意したいのはボス戦直前の所。ボス戦では左右のお供を倒すまでがかなり時間との勝負になりますので、パネル切れを起こすと致命傷になります。ボス戦に向けて最低一人はパネル変換を温存しておきたいところです。

BOSS

ryutei-boss-1
ryutei-boss-2

真ん中のワイバーンは3ターン毎連撃(3人に300ダメージ前後×4)ですので、回復が3人いれば十分戦えるとは思います。 上級に引き続いて竜帝級でも、ヤバいのは寧ろ両脇のお供になります。

左の敵:火水ガード(2ターン)、全体1,000ダメージ
右の敵:力溜め、単体3,200ダメージ(力溜め時)


右の力溜めは軽減が無ければ確実に1撃で落とされてしまう事になりますが、攻撃ターンが遅いために多少の猶予があります。まず第一優先で倒すべきは左の火竜でしょう。左→右と2体の敵を攻撃を受ける前に倒素必要があるため、できる限り火水ガードを発動される前に左の敵を倒してしまいたい所です。
尚、左の敵の体力は22,220となっています。ウチのデッキでは左の敵を倒すまでにアルティーナのスキル込みで4ターン、アルティーナ無しの場合は5ターンとなります。そう考えると遅延が最低1人、可能であれば2人は組み込みたい所かと思います。

追記:周回がてらに体力計測したので記載しておきます。
左の敵:22,220
真ん中の敵(ワイバーン):110,645
右の敵:22,365


ryutei-boss-3

首尾よく両脇を倒せれば、後は消化試合です。焦らずに正解を積み重ねていきましょう。

竜帝級でのドロップ状況について

ryutei-housyu

BossCounterの状況によると、竜帝級でのボスドロップ率は10%程度となっています。中級、上級と比べて明らかに低いドロップ率であり、いつものイベントとほぼ同等となっていますね。
今回のイベントでドロップするボス達は自身の性能としてはかなり微妙な部類かと思いますので、バハムートやアーリアへの進化のために周回をしておきたい所ですが、少々根気が必要かと思います…。